イククルで童貞がキャバ嬢とSEXした

イククルで童貞を捨てた女

イククルで悠々と童貞を卒業することが出来た体験を公開する。

二人組ペアを作るときいつも余っていたわしは、女と付き合ったことすらない童貞。

学生の頃から女子と話をすることすら困難だったわしが今になってもヤったことがないのはまぁ必然的なことだと思う。

女子と親密になったことは当たり前だが経験無しだったが初めて会ったビッチなキャバ嬢と一発やった体験談。

ただ、最近はイククルよりもPCMAXのほうが出会えている。

\ 無料で1分で登録ができる /

PCMAXを見てみる

今なら1000円分のポイント付き(女性は無料)

童貞がイククルに足を踏み入れた

初めに言ってあるが、わしは女と付き合ったことすらない童貞を捨てたい男

学生の頃から女子と話をすることすら困難だったガラクタレベルの男。

童貞を卒業したいという思いでGoogleで「女性 やりたい」と引いてみると、イククルとかいうマッチングHPが目に飛び込んできた。

気になって調べると、PCMAXに負けず劣らずの老舗のアプリだという。

わしはやる前はマッチングHPで出会えるなんて犯罪の起こる場所としか思っていなかったが、一抹の不安の中やってみた。

手始めに近隣の童貞を捧げるキャバ嬢を漁ってみた。

ペッティングが好きというキャバ嬢

イククル内のエロい日記を探し求めていると、彼氏と別れたばかりというキャバ嬢を探し当てたので、すぐアプローチを仕掛けた。

DMをして1時間ほど経ったときだろうか。もうメッセージが返ってきた。

内容はつまるところ、ぜひ会ってみたいとのこと。

ガチでこんなに安直にお目にかかれるなんて、こういうサイトを詐欺だと思っていた童貞のわしには、にわかには信じにくかった。

何通かダイレクトメールをしていても、残念ながらガラクタレベルの男なのでもちろんエッチの誘いを提案することができなかった。

手際の悪いやり取りをしているうちに、初めにプレゼントされた1,000円分の無料ポイントが突きてしまったので、やむなく少しだけ課金に突っ込み、必死でラブホへ行こうと送ると、なんとYESが下りた。とめどない喜びの感情とは逆に、初の女子と一緒に会うという事への恐れで緊張が止まらない。

ただ感じたことは、いざやってみれば、女子をラブホテルに切り出すことはこれほどシンプルなのかということに気づいた。

細かい日取りのアポを決めて、お会いすることに。ワクワクがやばかった。

巡り合うことになった時間は、夜の時間帯。

時が満ちてわしは女子と二人での時間をキャバ嬢と過ごすことになる。ムラムラが先走って、わしの如意棒は早くも抜刀してしまっていた。

自分の家を出発する前、服に疎いチェリーだけども、限界のお洒落で約束の場所へ自転車で向かった。

マジで会えるのか!?緊迫の中誓いの場所へ自転車で向かう

なぜか息子は鉄のように硬くなっているが、顔合わせの約束が取れたからといって、業者かどうかはやってみなければわからない。

アポ通りの場所へ自転車で向かって少し経ったとき、相手はガチでやってきた。

背丈はだいたい140後半くらい、普通の身体をしている。童貞野郎なので分からないがBカップくらいあると思う。

顔はドエロい顔してる。ぜひぜひハメ友になりたい!

やはり緊迫して上手く話せないわしを包み込んでくれるように、ニコリとにこやかにお話をしてくださった。

経験ゼロのチェリーにとって、同じ空気を吸えるだけで惚れてしまった。

ちょっと何気ない話をしたあと、満を持してわしは手を震わせながらセックスに誘った。

ヤバイぐらいハイな気分!人生初の性交

女子とたった二人で時間を共にすることでさえ心臓が破裂しそうになるわしが面識のないキャバ嬢と性交なんて、別世界にいるような感じだった。

ラブホの中へ入り、何をしていいのか分からない場所で、わしは明らかにオロオロしている中、相手はスムーズに部屋を取って手を引いてもらった。情けないぞわし…。

ホテルの個室へ入室して、シャワーを順番に浴びて、相手を待っている間はドキドキのあまり固まりながらソファーに座っていた。

生まれてきてからお母さん以外の女子の股間すら見たことのないわしはこれから起こる想像するだけで勃ってしまいそうな出来事にただただ緊張してしているだけだった。

シャワーを終えて脱衣所に置いてあったパジャマっぽい服を身にまとった彼女は、自分でもわかるぐらいどもっているわしに、いきなりベロチューを迫られた。

話しかけられるくらいでElectionしてしまうようなわしの如意棒は、早くも噴火寸前。

柔らかい短いベロがわしの舌へ入り込んできて、スルスルとうごめいている。

ついにすることが出来たキス。ヤバイぐらいヤバイ。コレが接吻なるやつなのか…。

こんだけでもヤバイのに、キスでヌルヌルエロい音を響かせながらボクサーパンツ越しに如意棒を揉みしだかれ、もうイく寸前。

そして乳を毎日みているエロビデオっぽく貪った。その上パジャマっぽい服を激しく剥いで、背中を吸いまくった。

思わず吐いてしまっているドエロい声を聞いてわしの性欲はソッコーで頂に達した。

そして膣を優しく舐め回してみた。スケベな声が瞬く間に大きくなり、本気汁というものがが目に見えて溢れていた。

その後彼女はわしの如意棒をねっとり部屋中に響き渡るような音でものすごい音を立てながら舐め始めた。

わしの如意棒は初の快楽でもう出てしまいそうだった。

イく寸前までご奉仕してくれて、ついにハメる。

暗闇でも光るほどにエッチな汁が漏れ出したまんこにわしの如意棒を徐々にハメる。

女性器の中で如意棒が揉みしだくようにヌルヌルになる。

ヤバイ。これは本気でヤバイ。これ以上の興奮感は絶対にないと言い切れるほどだ。

欲望のまま腰を激しく振りちらして、持てる全てを出し尽くしてエクスタシーに達した。

やばいぐらいの自家製カルピスが発射された。

天に昇るほどスケベな性行為だった。

こういう成り行きで、イククルに足を踏み入れたことで、女子と話をすることすら困難だったチェリーボーイが楽勝でようやくチェリーをとさようなら!性行為して感無量の脱初男を果たした。

イククルにいた全身性感帯というフリーターの女

イククルで童貞が遭遇した性欲が半端ないフリーターの女とチョメチョメした話。

趣味はアニメ鑑賞な僕は、オナニー大好きな童貞。

小学生の頃から女とデートすることすら不可能だった僕がずっと女性経験無しなのは至極当然だと思う。

女と付き合ったことは決まりきったことだがあるわけがない。

そういった僕がイククルというマッチングサービスに出会ったことで、いとも簡単に童貞を卒業した体験を発表する。

初めにも書いたが、僕はオナニー大好きな童貞。小学生の頃から女とデートすることすら不可能だったダメダメな男

童貞を捧げる相手を探すためGoogleで「女性 セフレ」とサーチしてみると、イククルというマッチングサービスが紹介された。

検索してみると、業界最大手のサイトだという。

僕はそもそもマッチングサービスで出会えると信用していなかったが、わずかな期待のもと足を踏み入れてみた。

第一に地元でエロそうなフリーターの女を漁ってみた。

イククルの掲示板にある「スグじゃないけど」を漁りまくっていると、オナニーが好きというフリーターの女を見つけ出したので、有無を言わさず反応した

個人メールをして3時間ほど経ってからもう返事が返ってきた。

内容は端的に言えば、熱い夜を過ごしたいとのこと。

本気でこんなに単純に顔合わせが出来るなんて、出会い系をサクラばかりだと思っていた童貞の僕にとって、にわかには信じにくかった。

しばらくやり取りを続けても、残念ながらダメダメな男なので無論のことハメさせてくれと切り出せないでいた。

チンタラとやり取りをしているうちに、初めに貰えた1,000円分の無料ポイントがなくなってしまったので、仕方なしに500円課金して、思い切ってラブホへ行きましょうとメールしてみると、なんとOKが下りた。心の底からの歓喜の感情とは対に、初めて女と一緒に会うという事への不安で冷や汗が止まらなかった。

ただ気がついたことは、いざやってみれば、女をホテルに切り出すことはかくまで易しいことなのかということに気がついた。

詳細の日取りのアポを取り、会うことに。胸の高鳴りが止まらない。

決まった時刻は、お昼時の時間帯。

出会ったのは性欲が半端ないフリーターの女。

ようやく僕は女と二人っきりの時間をフリーターの女と過ごす。興奮が先走って、僕の肉茎は早くも武装形態になっていた。

アパートを出発する前、お母さんが買ってきた服しか持っていないチェリーであるが、精一杯の格好で約束の場所へ足を急がせた。

ハメハメできるのか?!不安の中待ち合わせ場所へと足を急がせる

すでにポコチンは巨大化しているが、顔合わせの約束が出来たからといって、本当に出会えるかどうかはやってみなければわからない。

待ち合わせした場所へ足を急がせてしばらく経ったとき、彼女はガチで現れた。

身長はだいたい160cmくらい、普通の印象。童貞なので分からないがEカップくらいあると思う。

顔はちょっとブスなぐらい。それでもセフレになりたい!

当然ドキドキして上手く話せない僕を包み込んでくれるように、ニコリと笑顔で話をしてくれた。

いろいろ未経験の童貞にとって、同じ空気を吸えるだけで惚れてしまいそうだ。

少しの時間一息ついたあと、ようやく僕は勇気を振り絞ってエッチに誘う。

感激するほど気持ちいい!待ち焦がれた初一発をかました

女とたった二人で同じ空間にいることですらキョドってしまう僕が会って間もないフリーターの女と一発かますだなんて、夢の中のような世界だった。

中へ入り、何をしていいのか分からない空間で、僕はひたすら混乱しているだけだったが、相手は滞ること無く部屋を取って案内してくれた。情けないぞ僕…。

部屋へ入ると、シャワーを順番に浴びて、相手を待っている間は緊張のあまり固まりながら部屋の隅で棒立ちしていた。

今までこのかたお母さん以外の女の裸すら見たことのない僕はこれから起こるドエロイ出来事に固まるだけだった。

シャワーを終えて備え付けのホテル服を着た彼女は、明らかにどもっている僕に、エッチなキスを迫られた。

手を握られるくらいでメキメキと勃起してしまうような僕の肉茎は、この時点で暴走状態。

エッチな感触のするナニカが僕の舌へお邪魔してきて、チュパチュパと絡み付けてくる。

初めてのチュー。感激するほどスゴイ。コレがベロチューというやつなのか…。

こんだけでもスゴイのに、キスでヌルヌルとスケベな音を響かせながらズボン越しに肉茎を指を這わされ、もう我慢の限界!

そして乳をいつも観ているエッチなビデオの見よう見まねで楽しみまくった。その上ホテル服をガバッと脱がせ、首を舐め回した。

思わず発してしまっている息を聞いて僕のちんこは秒読みで頂に達した。

そしてお膣さんをそっと舐め回してみた。声が時間と共に大きくなり、エロい粘液が溢れてきた。

その後彼女は僕の肉茎をおいしそうにジュプジュプとドスケベな音を立てながらバキュームフェラをしてくれた。

僕の肉茎は経験したことのない快楽で声を上げていた。

5分間くらい舐め取ってくれて、いよいよ挿入。

ジュックジュクに熟した汁が漏れ出した女性器に僕の肉茎をじわじわと挿入。

おまんさんの中で肉茎を包み込むように纏わりつく。

気持ちいい。これは本気で気持ちいい。これ以上の性感は絶対に存在しないと断定できるほどだ。

欲望のまま腰をパンパンと音が鳴るほど乱暴に振って、持てる全てを出し切って出しまくった。

半端ない量の精液が出た。

これ以上ないほど素晴らしい体験だった。

こういう成り行きで、イククルを嗅ぎ付けた奇跡で、女とデートすることすら不可能だったチェリーボーイがあっさりとようやく童貞を終了!ズッコンバッコンして初セックスしたのだ。

イククルにいたセフレ募集中という若妻

セフレが欲しい童貞による、若妻と生ハメをした、イククルでの体験レポオナニー大好きな此方は、女とほとんど接してこない人生を送っていた童貞。

学生の頃から女の子に道を尋ねることすらしたことがなかった此方が今でもヤったことがないのはやっぱり当然のことだと思う。

女の子と親密になったことは勿論ただの一度もない。

ガラクタレベルの此方がイククルに挑戦したことで、軽々とチェリーを捨てることが出来た体験をお伝えする。

最初に話したが、此方は女とほとんど接してこない人生を送っていた童貞。学生の頃から女の子と道を尋ねることすらしたことがなかった全くモテない男。

セックスがしたいという思いからGoogleで「女性 やりたい」と引いてみると、イククルと呼ばれる出合い系が紹介されていた。

詳しくググると有名な優良サイトだという。

此方は始める前は出合い系で出会えるとか犯罪の起こる場所としか思っていなかったが、不安の残る中参加した。

最初は近くに住んでいる熱い夜を過ごせそうな若妻を漁ってみた。

イククルの女の子のプロフィールを模索していると、セフレを探しているという若妻を見つけたので、すぐアプローチを仕掛けた。

メッセージをして2時間ほど経ったときだろうか。もう反応が返ってきた。

内容は短く言えば、童貞を卒業させてあげるとのこと。

ほんまにこんなに易しく会ってくれるなんて、マッチングアプリを童貞の幻想だと思っていた童貞の此方は、にわかには信じにくかった。

何度かメッセージをやっていても、残念ながら全くモテない男なので当然SEXのお誘いを言い出せなかった。

手際の悪いやり取りをしているうちに、初めに受け取れた1,000円分の無料ポイントがゼロになってしまったので、悔しいがちょっとだけチャージして、ダメ元でラブホへ行ってみようと誘ってみると、なんと了解が下りた。心から沸き起こる嬉しい感情とは反して、生まれて初めて女の子と一緒に会うという事への動揺で緊迫がハンパなかった。

ただ分かったことは、いざやってみれば、女の子をラブホに切り出すことはこれほどまでに単純なのかということが分かった。

会う日取りのアポを組み、出会うことに。ドキドキが抑えられない。

巡り合ったのは押しに弱そうな若妻。

顔合わせすることになった時間帯は、夕方の時間帯。

機が熟して此方は女の子と一緒の時間を若妻と共にする。妄想が先走って、此方のマラは早くも鬼神と化していた。

マンションを出発する前、オシャレをしたことのないチェリーだが、懸命の服で約束の場所へバイクで向かった。

出会い系は嘘か誠か!疑いの中彼女の待つ場所へとバイクで向かう

この時点でチンの助はテントを張っているが、顔合わせの約束が成功したからといって、出会えるかどうかはやってみなければわからない。

会う予定の場所へバイクで向かって10分ほど経ったとき、相手の女性はガチで姿をあらわした。

上背はだいたい160cmくらい、普通のスタイル。女性の身体を見たことがないので分からないがFカップくらいあると思う。

顔は普通に可愛い。なんとかしてえち友になりたい!

当たり前だが慣れずに上手く話せない此方を包み込んでくれるように、ニコリと微笑みながら話題を振り続けてくれた。

みっともないモテない男にとって、同じ空気を吸えるだけで惚れてしまう。

しばらく話をしたあと、やっと此方は手の汗をぬぐってHに誘ってみた。

半端ないほど興奮した!天国みたいな初エッチ

女の子とたった二人で同じ空気を吸うことでも初体験の此方がいまから若妻とエッチとは、別世界にいるような雰囲気だった。

中へ入り、何をしていいのか分からないよくわからないような空間で、此方は絶えず戸惑っている横で、相手は戸惑う様子はなく部屋を取ってホテルの部屋の取り方を教えてもらった。情けないぞ此方…。

ラブホの部屋へ入って、シャワーを順番に浴びて、相手を待っている間は緊迫のあまり固まりながらベッドの端っこの方に座っていた。

生まれてこのかたお母さん以外の女の子のおっぱいすら見たことのない此方はこれから起こる性的な出来事にただただ緊張してしているだけだった。

シャワーを終えてホテルの備品のバスローブを身に着けた彼女は、見ればすぐ分かるほどどもっている此方に、優しく接吻を迫られた。

身体に触れられるくらいで生命の鼓動を刻んでしまうような此方のマラは、既に爆発秒読みだった。

とろけるようなベロが此方の舌へ侵入してきて、テロテロとまとわりついてくる。

念願のベロチュー。半端ないほど気持ちいい。コレが口づけといったやつなのか…。

こんだけでも気持ちいいのに、キスでジュプジュプとエッチな音を響かせながらパンツ越しにマラを揉みしだかれ、もう絶頂間際。

そして乳をオナニーのたびに観ているオナニー用のAVのようにまさぐりつくした。その上バスローブを乱暴にヌギヌギさせて、ポッチをいじりまくった。

思わず出ているセクシーな声を聞いて此方の肉棒は即頂に達した。

そしてお股をAVの見よう見まねで舐め回してみた。スケベな声がみるみるうちに大きくなり、エッチな汁がこぼれ落ちていた。

その後彼女は此方のマラを唾液をたっぷり含んだ口でデロデロとエロい音で舐め取り始めた。

此方のマラは激しい快楽で狂ってしまいそうだった。

長いことご奉仕してくれて、やっとの思いでセックス。

ベッドまでこぼれているほどに熟した液が漏れ出した穴に此方のマラを緩やかにセックス。

膣の中でマラキッツキツに締め付けられる。

スゴイ。これは本気でスゴイ。これ以上の気持ちいいものは絶対にありえないと言えるほどだ。

欲望のまま腰を音が鳴り響くほど振りまくって、持てる全てを振り絞って果てた。

今まで出したことが無いぐらいの精子が放出された。

昇天してしまうほどスケベなセックスだった。

こういう成り行きで、イククルを見つけたおかげで、女の子と道を尋ねることすらしたことがなかったチェリーボーイがやっとのことでようやくチェリーボーイをとおさらば!パコパコして脱チェリーしたのです。

童貞を捨てたい人向けの出会い系

PCMAX は会員数が1500万人を突破し運営が18年続いている人気の出会い系です。

\ 無料で1分で登録ができる /

PCMAXを見てみる

今なら1000円分のポイント付き(女性は無料)


無料で会うことも可能ですが登録二日以内のポイント購入がお得です。

続いてのオススメはハッピーメール でどちらも初心者が気軽に試せます。

質問がありましたら問い合わせからご連絡ください。

-童貞の体験談

© 2021 童貞を捨てたい